スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告 | page top↑
獅子ケ鼻湿原 Vol.3
Vol.1 ・ Vol.2 の続きです♪



323.jpg
だんだん「湿原」らしく、伏流が出現してきました。





324.jpg
「出つぼ」。コンコンと鳥海山の水が湧き出てました。
平成の名水百選に選ばれているのもうなずける透明度と水量!
この写真では伝わらないのですが、なかなかの深さです。

現在、この出つぼ周辺はブナが弱ってきているため、ロープ内立入禁止でした。
いつまでも守りたい、このままでいてほしい風景。




325.jpg
出つぼ から鳥海マリモへ向かう道は、木道の遊歩道がない箇所も。
うっかり者(母遺伝・・・)の10歳、転がり落ちないか心配しましたが
絶妙なバランスを保ち、歩みを進めてました(笑



326.jpg
ワタクシ : そろそろ疲れた?
コドモ : まだまだ いけるよー♪

などと 仲睦ましく会話をしてると、滑りやすい道に足を取られたり(おっとー

カメラはポッケ で ひたすら転ばぬように 歩きに集中!




327.jpg
おー。やっと歩きやすい道に到着!




328.jpg
平坦な道を少し進むと、先ほどの出つぼを水源とした 湿原が現れました。





329.jpg
この湿原にあるコケが「鳥海マリモ」。





330.jpg
鳥海マリモ は 出つぼを水源とした伏流の 勢いある流れ(水圧)で
コケが丸まって出来るんだそうです。
珍しい種類のコケらしく、国の天然記念物に指定。




331.jpg
マイナスイオンをたっぷり吸込み、来た道を戻ります。
歩き始めて2時間経過。そろそろ 疲れが出始める親子連れ

「歩き続けたねー!すんばらしぃー!えらーーいっ!」
などなど 賞賛のシャワーを浴びせつつ、10歳を励ますワタクシ。



332.jpg
入山から ぴったり2時間半後、管理棟(入山口)に到着!
管理棟には このような休憩場があります。

長靴・熊鈴・杖 の無料貸出もありました。あとトイレ、写真撮り忘れたけど
なかなか小奇麗でしたよ(好印象

熊鈴 は 全部出払ってたので、持ってる場合は(入山者が多ければ
使わないかもしれないけど)持参した方がいいかなーって思いました。

開設期間は5月~10月。ギリギリセーフのトレッキングでした!
10月中にもう1回行けるかなー?行きたいなー

もう!もう!お気に入り場所に決定です!!!
春も夏も どんなんか、見てみたい。何度も来たい場所。

トレ靴、買ってよかったよーー。超リフレッシュな1日でした






スポンサーサイト
【2010/10/19】 | 日々 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。